勝って兜の緒を締めよ。


by nonnonnoncute
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『姫が愛したダニ小僧』

超ハードスケジュールな2日間のとりを飾るのは、『姫が愛したダニ小僧』
大好きな大王こと後藤ひろひとさん脚本・演出の舞台です。
前回の大王の舞台は笑いたっぷりのコメディーでした。
今回はどんなんでしょう?期待に胸膨らませていざ観劇です!!
d0028072_17125693.jpg

おっと、感想の前に応援の1ぽちしてっておくれ!→人気ブログランキング




いつもながら大王の舞台は出演者が豪華。
ユースケ・サンタマリアに佐康恵、富田靖子にラサール石井に大路恵美だもんなぁ~
(キャストについての詳しくはこちら→キャスト
今回はユースケと富田靖子さんを楽しみにして行きました。
お話はえ~っと・・・ドラクエかな?うん。RPGみたいな感じで進みます。
主人公(船長:ユースケ)とヒロイン(洗濯女:佐藤)がいて、次に姫(富田)が加わる。
(姫は年の精の呪いで老婆の姿になってます)
目的はヒーローであるダニ小僧を探す事。悪者は侍従長(松村)。
で、その旅の過程で仲間が増えていくんです!
船を手に入れたり、コインでルーレット回したり、
情報を聞きに島じいに会いにいったり・・・まさにRPG!!
他には騎士(高杉)・剣士(山内)・海賊(松永)・魔法使い(大路)...
このRPG的お話と、飯田(ラサール)が自殺しようとやってきた廃ビルで出会った
不思議な男A(大王)のお話とが平行して進んでいきます。
で、最後にはこの2つのお話がちゃんとつながります。
お話的には「大王の他の作品のあちこちをつないでできた作品」って感じました。
でもそれは違ってた・・・なぜならこれは'98の舞台の再演だから!
Piperの旗揚げ公演だったらしいです。
そっか、ここからあの素晴らしい他の舞台が生まれたのね~♡

今回残念だったのは、姫である富田さんがあまり可愛くなかった事。
見た目というよりも声が・・・しゃがれ声なんです。
老婆の時は合ってたんですけどね。「老婆だからしゃがれさせてるのだわ!」
と思ってたら、姫になってもしゃがれ声だった・・・(-_-;)
抜群に可愛かったのは大路さん!見た目も声もとっても可愛い♡
ナース姿がとってもお似合いで、コメディセンスもあって素敵でした。
ユースケもかっこ良かったなぁ。ユースケは結構声が好き。
ラサールさんは「可愛いおじさん♡」って感じで素敵でした(^▽^)♪
キャラ的には山内さん演じる橋本ゆうじ君が面白かった!
あと島じい!!何と客席から突然選ばれて舞台に!(゜0゜;)
何とも素敵な半ズボン&メガネの方が選ばれました。
ちょい役じゃない所が面白かった!結構重要な役だったんですよ~☆
しかしいつも題名にこだわりがあるよね。
今回はきっとダニ小僧=「Danny Boy」(有名な曲です)があったんだろうな。

まぁ全体的に良く出来たお話で面白かったです。
ただ演出がちょっとやりすぎかな?って感じる事がちょこちょこ・・・
その辺りがshimashimaさんを眠くさせたのかもね。
(彼女途中気持ち良さそうに寝てました-_-;)
次回の大王作品はあの名作、『ダブリンの鐘つきカビ人間』の再演です!
そう、私が偶然夜中の放送を見て釘付けになったあの舞台です!
公演は11月ですが、もうチケットは確保済み。楽しみだぁ~(^▽^)ノ"


最後までありがとう。ついでに1ぽちよろしく♡→人気ブログランキング

by nonnonnoncute | 2005-08-22 22:49 | 宝塚・舞台