勝って兜の緒を締めよ。


by nonnonnoncute
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

富士登山~目指すは頂上のみ!霧の中の夜間登山~

昨夜は九合目の宿『万年雪山荘』で一泊しました。
朝2時半起床を不安ながら目指していた私達ですが、
周りがガサガサ動き始めた気配で2時にさくっと起床。
shimashimaさんはあまりよく寝られなかったようですが、
私はぐっすり寝ました。何故って前日NO睡眠だったから。
そうなんです。私前日徹夜してたんです!
だってね、朝早かったから起きれるかどうか心配だったんだもの☆
ちょっと重くなった頭を起こすために酸素&チョコ投入。
すごいよね~、酸素とチョコの力は!!みるみる元気になりました!
shimashimaさんの用意してくれたアミノバイタルプロと
ウイダーインゼリーを朝ごはんに食べ出発準備。
どうも外は雨が降っている様子。合羽を着込み、
頭には夜間登山用のヘッドライトを装着し、いざ出発!!!
っといきごんで外に出てみると、外はすごい風(*■*)
さらにすごい霧で、ヘッドライトがあっても2メートル先くらいしか見えねぇ!!!
それでも何とか登山道に入ろうとするとそこには暗闇にぼぉっと浮かぶ鳥居が・・・

ヒーーーーーッ!!(:■;)

あまりの不気味さに、そそくさと山小屋に帰りました。あな恐ろしや。
外の様子を伺いながら、結局3時半頃に出発。
風は少しましになっていましたが、真っ暗なのはかわらず。
shimashimaさんはまだだいぶ怖そうな様子だったので、
私が先に立って登りはじめました。
私は怖いのは結構平気だったんですが、何が不安って私ものすごい方向音痴。
この暗闇。道筋を示すロープも見えやしない(=_=;)
それに飛ばされそうな強風(*■*)
『でも富士登山中に道間違って遭難とかって聞いたことないよね?』
とか言いながら登りました。遭難とか洒落にならん。

d0028072_940422.jpg
↑少し明るくなった時の写真。やはり何もみえん。
約30分程で九号五勺の山小屋に到着!
この頃には登ってる人も増えて(ってか追いついた。)怖さはナシ!
一緒になった男性登山者に『30分?早いねー!』と言われました。
奥さんがダウンしたので山小屋に置いてきたって人もいたなぁ。
そんなこんなで酸素を吸入し、てっぺん目指して出発!
だいぶん空気も薄くなり、多少足が重い感じにはなってきていたのですが、
私達のペースは相変わらず快調☆
男性登山者を数人追い抜かし、4時35分無事山頂に到着しました。

☆祝!富士山登頂!!☆
d0028072_302215.jpg



→つづく
by nonnonnoncute | 2007-07-31 05:00 |