勝って兜の緒を締めよ。


by nonnonnoncute

2005年 06月 21日 ( 3 )

次は踊るサテュロスで話題のイタリア館へ。青く美しい照明と、下を流れる水が幻想的な雰囲気でとっても綺麗。是非お伝えしたいのですが、写真が上手にとれませんでした。こちらのブログさんではとっても綺麗に写真をとっていらっしゃいましたので、
是非見てみて下さい。本当に綺麗でした!!

d0028072_5374563.jpg写真奥に見える球体になった部屋に踊るサテュロスは展示されています。球体の中は時にブルーの深海の様な映像が映されたり、サテュロスが踊っているかのように照明が当てられたりとこれまたなかなか幻想的。2000年以上も昔に作られたブロンズ像ですが、かなり良い状態。そして美術的にも価値の高いものです。だってすごい迫力!第一級品の美術品であるこの像は、国外での展示はこれが最後になる様子。絶対見ておきたい展示です!!
d0028072_5452577.jpgサテュロスだけでなく、他の展示も見所いっぱいのイタリア館。3部構成の展示の最後はイタリア各地の工芸や自然・文化の紹介。写真は全てチョコレートでできた車。周りは甘いチョコの香りがたちこめて、チョコ好きのわたしはうっとり♡(*´▽`*)♡
お土産物屋さんでは踊るサテュロス携帯ストラップなんかが購入できます。

次はギリシャ館。展示は確かに光と映像が駆使されていて綺麗だったのですが、それ以外は記憶にあまり残っていない。そういうのに頼りすぎるのもなんだかなぁ・・・まぁ疲れがピークに近かったので、そのせいもあるかも(-_-;)

そして最後は【グローバルコモン5】に移動して、エジプト館です。エジプト館はさながら「宝物庫」といった感じ。ツタンカーメンの黄金のマスクやお棺+ミイラ、器や壁画・像等々がけっこう適当におかれています。まぁ全てレプリカですが。1つでも本物があればまた感動も違っただろうと思います。残念。途中で本物のパピルスに自分の名前を古代エジプト文字(ヒエログリフ)で書いてくれるコーナーがありました。ちょっと興味があったのですが、500円かかるのと、足が痛いのとで断念。

さて、この後さらに【グローバルコモン3】にもどってスペイン館に!と思ったのですが、足が痛い・・・もう剣山の上を歩いてるかのような激痛が足の裏に走っています。もう無理・・・(:_;)最終待ち合わせ場所である北ゲートに、休み休み向かう事にしました。北ゲートのお土産物屋さんは込んでいるので、途中の西エントランスにある公式ショップでお土産を購入。(←これは正解。空いてました)

平日という事もあってかリニモも地下鉄も大した混雑はなく、比較的スムーズ。
やっぱ平日はいいやねぇ(^▽^)♪名古屋駅で駅弁を購入し、いざ実家へ!

お帰りはこちら。
by nonnonnoncute | 2005-06-21 23:56 | 愛・地球博
さて、お腹もいっぱいになったところで移動開始。「サツキとメイの家」集合時間まで少し時間があったので、【グローバルコモン3】ブルガリア館へ。
ブルガリア館は外装がピンクの薔薇柄でとってもキュートです♡
展示は特産物がメイン。ヨーグルトと薔薇の谷で取れる薔薇のオイルがありました。薔薇ジャムが乗ったヨーグルトを是非食べたかったのですが、長蛇の列に断念。
薔薇の香りにうっとりしながら出てきました(*´▽`*)~♡

d0028072_4242713.jpgお次はリビア館。国土の90%が砂漠であるこの国はお水がとっても大切。砂と水がテーマの展示内容でした。無料配布していたポスターにサインしてもらったよ!大変そうなパビリオンの人にガムをあげて気に入られ、何故かファンタを1口もらう旦那。(中身は赤ワインだったらしい)名刺ももらってた。博士ってかいてあったから偉い人だったのかも。

さて、会場が遠いので2時20分頃から「サツキとメイの家」へ出発!
森林体感ゾーン内の日本庭園を通り、目的地へ。(だいたい20分くらい歩く)

d0028072_353151.jpg到着したら先ず本人確認(応募の時に知らせておいた入場券番号と保険証などの確認書類が必要)をし、パンフレットと入館パスを受け取りテントの下に集合。
聞くところによると、1日2万通の観覧の応募があるとか。その中で観覧できるのは880人のみ。約23倍の倍率!
私結構すごくありません?この間は宝くじ3千円分買って3千300円になったし、最近ついてる!?
もしくは運の小出し・・・("゜□゜)ノ"< 3億カモーン!)
d0028072_471234.jpgこれがもらったパンフレットやなんやら。→
昭和30年(1955年)の今日の新聞(復刻版)と3つ折パンフ(中には「サツキとメイの家」の見取り図が)と入館記念チケット。(転売問題で予約方法がかわり、ローソンで使わなくなったやつね)新聞は日食があったらしくその記事や、洋裁のためのパターン図(昔はこれを持って仕立て屋さんで洋服を作ったんだって!)が載っていて面白かったです。数分間説明を聞いた後、やっと移動開始。いよいよ「サツキとメイの家」に突入です!


トトロファン必見「サツキとメイの家」はこちら♡
by nonnonnoncute | 2005-06-21 23:53 | 愛・地球博
さて、万博2日目です。昨日帰りのリニモの中で、万博に慣れた人が言うには「TOYOTA館の予約取るにために朝7時ごろから並んでる。そして開場と同時に皆が走ってTOYOTA館の前に行く」と。それを聞いた私達は半ば諦め気味。
8時半頃にホテルを出て(藤が丘に泊まってました)いざ万博会場へ!!
今日のリニモは昨日と違って混雑気味。でもぎゅうぎゅうではなかったです。
入場ゲートも長蛇の列!こりゃあ入るまでに20分はかかるな・・・(-_-;)
やっとゲートをくぐった時はもう10時前。11時10分がグローバルハウスの予約集合時間だったので、10時50分に皆と待ち合わせをして各自国のパビリオンをまわる事にしました。今日は【グローバルコモン2】からスタートですよ!!

先ず最初に訪れたのはカナダ館。5分程並んで入る事ができました。
内容は映像インスタレーション形式でカナダの自然・民族・文化etc...を紹介。
2部構成になっていて、それぞれが8分程度です。
d0028072_1492848.jpg最初の映像は3層に重なったオーガンジーのような透ける素材に映像を写したもの。スクリーンがわざとシワくちゃにしてあって、そこに写る映像が歪んでとても綺麗。3層になっているので不思議な奥行きも加わってかなり幻想的♡下の方にはTVが設置されていて、それぞれ違う映像が映ってます。でも時にリンクしあったり、つながって1つの映像を作り出したり・・・かなり凝ったものでした。2つ目の映像はまた透けたスクリーンの中。1つ目の映像がバックに透けて見える部屋で観ます。今度は前面にクリアな映像がきて、バックに幻想的な映像が。2つの作品がリンクするように作られてるんですね!
映像が終わった後は、パソコンを使ってヴァーチャルカナダツアーができます。
(これはちょっといまいち遊びづらいものでした)

d0028072_25645.jpg次に訪れたのは中米共同館土地特有の珍しい蝶やカブトムシ・オウムの紹介。各地の砂も展示されており、直接触ってその違いを感じることができます。美しい自然が印象的でした。また、マヤの装飾品作りの体験ができます。
簡単にできるし、混んでないので体験してきました!
←上が私作。下が旦那作です。
10分もあれば出来上がります。なかなかでしょ?
お次はアンデス共同館。・・・実はあまり記憶にありません。入り口付近で霧が噴出していて、「涼しそう・・・」と思って入りました。展示は覚えてない・・・(-_-;)
あ!そうそう。ワニサンド!!ワニの肉を使ったサンドが売ってました!!

そんな事をしているうちに集合時間が!さて、バイオラングを通って、いよいよグローバルハウス(オレンジホール)&マンモスラボです!!

続きはこちら!マンモス登場!!
by nonnonnoncute | 2005-06-21 19:24 | 愛・地球博