勝って兜の緒を締めよ。


by nonnonnoncute

2005年 12月 17日 ( 1 )

東宝観劇&お茶会

応援しているジェンヌさんのお茶会参加のために
17・18日と一泊二日で東京に行ってまいりました!
先ずは17日。何故か高松空港でクソ重い本を2冊購入。
(これについて明日の記事でご紹介します☆)
で、15時30分公演を観劇するために12時頃東京入り。
まだ時間が早かったのでお昼ご飯を食べて先にホテルに。
今日は新橋の日比谷パークホテルにお泊り予定です♪
ホテルに荷物預けて出かけようとしたら、今日一緒に泊まるMちゃんとばったり!
連れ立って東京宝塚劇場に向かいました。
これまた早く着いてしまったので、Mちゃんのお友達と合流して
日比谷シャンテマッハッタン・エクスプレスでお茶。
今日観劇する公演は『JAZZYな妖精たち』『REVUE OF DREAMS』です。
この公演を観るのは10月31日の千秋楽以来!
かなり演出に変更があったと聞いていたので楽しみに観劇しました。

*********************************

先ず幕開けが変わっていました。
子供の頃の5人が妖精の国スイーブネスに思いを馳せる所からはじまります。
これはとっても良かったように思います。
ですがこれによってアイリッシュダンスの意味がよくわからない事に・・・
幕開けのシーンからすぐに『ワンダフォーシティー♪』の歌に行った方が
つながりがいい気がします。
アイリッシュダンスは素晴らしくっていいんだけど、お話的には無いほうが・・・
大劇場公演ではそんな事思わなかったんですけどね(^_^;)
いたる所で説明台詞が増えてます。そんなに不自然な感じではなかったので、
東宝初見の人はそんなに気にならないかも。
妖精の登場シーンですが・・・あちゃー(´□`;)
sakichitayさんから聞いてはいましたが、想像以上。
一回ちょっと顔出すだけかと思ってた・・・sakichitayさんと同意見です!
後はウォルターとミックが皿洗いになってたり、
ウォルターが初めて人を殺した時泥棒に入ったのがウォルター一人になってたり、
『オレを売ったのは誰だ?』の台詞がなくなってたり、
選挙事務所のシーンに歌のシーンが増えてたりetc...
結構変更があったのですが、一番の変更はラスト。
大劇場ではベンチでパトリックの腕に抱かれながらシャノンが死に、
楽しげなジャジーな曲に合わせて総踊りな皆と、
ベンチの囲んで切ない表情のウォルター、ティモシー、ミック、ロージー。
で幕が降りてました。確かにこのラストも賛否両論。
途中悪役だったマクガバンまで可愛く楽しそうに踊ってるしね。
前後にシリアスなシーンがあるので、かなり微妙な表情で踊ってる人もいました。
が、シャノンの死によってとりあえずシャノンとパトリックの物語は終わってた。
とりあえず主演二人の物語が決着ついてるからね。
なのに東宝版ではシャノンが死なない!Σ(゜Д゜)
「ラストは皆さんの想像におまかせします」って事?
なんか丸投げされた気がするんですが・・・「で、どうなったんですか?」
大劇版でも「中途半端」という声があったのに、さらに中途半端になった気が・・・
ラストの変更と妖精の登場シーン以外は特に気にならなかったんですよ。
私が大劇場で何回か観てるから気になったのかしら?
何回か観たらなれるのかしら?残念ながら一回しか観劇しないんですよね~。
ショーの方は本当に楽しかったです!
新生月組の勢いが感じられる、豪華で楽しいショーでした☆
お芝居もショーも楽が近いこともあって皆すごく熱演でした。
↑で色々書きましたが、実は楽しかったんですよ(^▽^)

*********************************

さて、楽しい観劇の後はいよいよお茶会です☆


続きの前に応援の1ぽちヨロシク☆→人気ブログランキング


お茶会&お食事の様子はコチラから☆
by nonnonnoncute | 2005-12-17 13:57 | 宝塚・舞台